自分が何者であるかを知ろうとするのは、あまり意味がありません。大事なのは何者になりたいかであり、そうなろうと決意して努力することです。

ニール・ドナルド・ウォルシュ(アメリカ合衆国の作家・ラジオDJ、1943年9月10日)

「自分探しの旅とは、自分を探すのではなく、自分のしたいことを見つける旅である。」

どんな才能を持って生まれても、それを磨かなければ意味がありません。

よく日本ではチャンス(chance)という言葉が使われますが、英語圏ではチャンスではなく、opportunityが使われます。

自ら努力して勝ち取ったものにしか意味はないからだと言われています。

「何の才能があるか」ではなく、「何をしたいか」が大事なのかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。