不幸こそが、幸福とは何かという事を教えてくれる。

英語の諺。

Misfortunes tell us what fortune is.

「幸福の反対に位置するものは不幸ではなく退屈」という言葉があります。

「絶望」だという人もいます。

しかし、絶望や退屈が無いことが幸福なのでは決してありません。

幸福と不幸は絶えず寄り添っていて、不幸を寄せ付けない人生は、きっと幸福も寄せ付けません。

そして、幸福を手に入れたならば、それが不幸を生み出す元凶になるやもしれません。

誰もが成長するにつれ、苦しみや悲しみの無い人生など存在しない事に気付きます。

しかし、心理学者のリサ・A・ウィリアムさんはいいます。

「大事なのは、自分の人生に意味があると評価すること。」

前に進もうとすれば壁にぶつかり、苦しむことになるでしょう。

しかし、前に進まなければ何も生み出せず、何も残りません。

苦しみが無い人生は幸福ではないのです。

自分の進んできた道を振り返った時に、そこに意味があると感じられる事、それこそが幸福というのかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。