平和な時代に生まれた彼らにとって、戦争はもはやロマンティックな冒険物語になってしまっている。


シュテファン・ツヴァイク(オーストリアのユダヤ系作家1881- 1942)

国民の支持を得て、各国が動員を進めた第一次世界大戦について寄せた言葉。

「平和な時代に生まれた彼らにとって、50年近く前の戦争はもはやロマンティックな冒険物語になってしまっている。戦争を知る手段は学校の教科書や美術館の絵画しかない。そこに描かれているのは、騎兵隊の華々しい活躍や、勇ましい凱旋パレードの光景だ。そんなものを見せられると、戦争がさぞ素晴らしいものに思えてくる。かくして若者は地獄行きの列車に飛び乗るのだ」

 

「平和な時代に生まれた彼らにとって、戦争はもはやロマンティックな冒険物語になってしまっている。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。